指導と面談

中学校の選択は、子どもの将来にも少なからず影響を与えます。出来ることなら、将来はもっと良い環境で勉強してもらいたいところですが、公立の中学校は素行が悪い生徒が集まることが多いなど、あまり良い評判を聞かない場合があります。安心して子どもを通わせられる私立の中学校を目指すのであれば、受験勉強は非常に大切です。東大生の家庭教師は、高い学力を活かして指導してくれるので、着実に成績を上げてくれるはずです。

東大生の家庭教師は、高い実力から人気を集めていますが、実際に雇ってみて、うまく仕事をしてくれるかどうかはわかりません。下手をすると将来トラブルの元になることもあるので、少しでも安心できる家庭教師を雇うために、面談の機会があれば必ず顔を合わせるようにしましょう。実際に指導方針などを話してもらえば、信頼できるかどうかもわかってきます。

家庭教師との面談では、自習の内容についても質問するのをオススメします。家庭教師によっては、自習の内容も決めているところもいますし、独自の自習法を実践して、今後の計画に支障をきたすことを避けたいと考えることもあるので、お互いの意見を前もってつき合わせておくことで、後々起こるトラブルを防止して、より円滑に子どもの受験勉強を行えるような環境を作りましょう。