過去のノウハウ

私立の中学校に子どもを入学させるには、学力試験をはじめとするいくつかの試験を突破する必要があります。そのためには年単位で受験対策を進めなければなりませんが、素人では十分な学力向上は望めないので、専門家のサポートを利用することで、さらに効率良く学力を向上させることで、受験日までに合格圏内に入れるだけの学力を身に付けさせます。

家庭教師の指導は、生徒一人ひとりに合わせて行いますが、受験対策を効率良く進めたいときは、過去の講師が残した資料を活用します。家庭教師を運営していると、過去の受験問題などのデータが回ってくるため、それらを元に次回の受験に出る問題を予想するなど、様々な方法で受験勉強をサポートすることが出来ます。さらに家庭教師自身の過去の経験を活かして、さらに効率良く授業を進めるサポートをしているそうです。

中学受験を成功させるためには、過去のノウハウはどうしても必要になってきます。なくても対応は出来ますが、ノウハウの蓄積が十分な状態と比べると、指導ペースは落ちてしまいます。なので、家庭教師を雇うときは、東大生などの肩書きだけでなく、新興の家庭教師かどうかも合わせて確認して、ノウハウの蓄積が確認できない新しい家庭教師の場合は、もっとベテランの家庭教師を雇ったほうが良いかもれません。