塾か家庭教師か

中学受験に合格させるためには、勉強のための環境づくりが何より重要です。自宅学習だけで合格できれば良いのですが、さすがにレベルの高い学校となると、試験問題は相当難しくなるので、確実に合格に導いてくれる、専門家の助けが必要となってきます。東大生の家庭教師は、誰もが知っている有名大学の生徒が担当する家庭教師で、自分の勉強のノウハウを使って、効率良く中学受験をサポートしてくれます。それとは別に学習塾でも中学受験専門の指導を行っていますが、この二つはどちらが優れているのでしょうか。

家庭教師と学習塾は、指導方法が大きく異なり、それぞれ違ったよさを持っています。家庭教師の場合は、生徒と一対一で授業を行うので、わからないところがあれば邸内に指導することが出来ますし、何か悩みがあるときなども、気軽に話を聞くことが出来ます。学習塾の場合は複数の生徒と一緒に授業を受けるので、クラスの友人を作ることが出来たり、競争意識がついて、より真剣勉強に取り組むようになります。

家庭教師と学習塾のどちらを選ぶかは、子どもの相性が重要です。マイペースな性格の子は、学習塾の競争の激しい環境が合わない事が多いので、のんびり自分のペースで勉強できる家庭教師のほうが、無理なく実力を付けることが出来るはずです。受験勉強を始める際は、まず子どもに合う勉強法を考えてみましょう。