費用に注意

中学受験に合格するためには、受験勉強をサポートしてくれる専門家が必要不可欠です。東大生を集めた家庭教師は、教師の学力の高さも手伝って、実力不足の生徒も着実に受験に合格できるだけの実力を身に付けることが出来ます。家庭教師はマンツーマンで指導が出来る分、周りに置いていかれる心配もなく、ゆっくりと勉強することが出来ますが、少々費用がかかるという欠点があります。

家庭教師を使ったときの費用は学習塾を使ったときの費用よりもはるかに高いです。授業の長さや利用しているコースなどによって具体的な額は変わりますが、平均でも一度の授業に2,000〜3,000円はかかるといわれています。さらに東大生の家庭教師など、何かしらの付加価値がついている場合は、さらに料金が高くなる可能性があるので、費用は余裕を持たせる必要があります。

家庭教師を利用するためには十分な予算が必要となりますが、受験勉強は長い時間をかけて行う必要があるので、場合によっては予算不足になるかもしれません。なので、少しでも費用を節約するために、家庭教師を利用するのは最後の一年間に限定するなど、独自の工夫を凝らすなど、色々な方法で家庭教師を利用する予算を確保しましょう。