いつまで担当するか

より良い環境で学校生活を送ってもらうために、中学受験を検討している方は、そのサポートとして家庭教師の利用をオススメします。家庭教師は、生徒とマンツーマンで授業を行い、志望校への合格をサポートします。東大生の家庭教師なら、受験のときの経験を活かしつつ、効率の良い勉強の仕方などを教えてくれるので、さらに効率良く授業を進めてくれるでしょう。

東大生の家庭教師は、難易度の高い中学校の受験もしっかりサポートしてくれますが、いつまで担当してくれるかどうか、忘れずに確認しておきましょう。東大生の家庭教師ということは、いずれは就職してアルバイトもやめることになるので、長期の契約を検討していても、急に退職する可能性もあります。子どもと相性がよく、実力もある家庭教師だったのに、後任が子どもと相性が悪く、成績も伸び悩むようになってしまうこともあるかもしれないので、長期にわたって指導を依頼したいときは注意しましょう。

東大生の家庭教師は、高い実力を持つことから多くの顧客が求めており、中々見つからないこともあります。そんな中見つかった家庭教師ともなると、顧客としてもなるべく長く指導してもらいたいところですが、アルバイトである以上いつ状況が変わるかわからないので、前もって退職する際はどのようなサポートがあるのか確認しておくのも良いかもしれません。