近い距離に注意

中学受験の勉強は、小学校で習わない問題を何度も解いたり、不合格とのプレッシャーと戦ったりと、何かと大変なことが多く、それをサポートも、慎重に選ぶ必要があります。中学受験のサポートは、学習塾などで行われていますが、近い距離で指導してくれるので、周りのペースが気になって集中できないという子どもも、自分のペースで実力を付けることが出来ます。

中学受験の指導を行う家庭教師は、非常に優秀な方も大勢います。中には東大生のアルバイトもおり、普通の大学生では出来ない、高度な指導にも注目が集まります。それ以上に大きな特徴が、生徒と近い距離で指導してくれるという点で、学習塾の速いペースでの授業についてこられない子も、安心して授業を受けることができます。その分欠点がないわけではなく、距離が近いことに問題が出ることがあるので、注意が必要です。

生徒と教師の距離が近すぎると、生徒と教師間のトラブルが起きることもあるといいます。東大生の塾講師ともなると、生徒とも年齢が近く、ついつい話し込んでしまうなど、距離感を図りにくくなることが多いです。家庭教師を利用する際は、保護者との面談を頻繁に行い、生徒との距離感を常に図りながらふれあうようにしましょう。