実体験を参考に

受験勉強は長い時間をかけて、特定の問題に対応できるようにする、難易度の高い勉強です。そのため自力での勉強は困難になるので、大半の方は、何かしらのサポートを利用しています。東大生の家庭教師は、その名のとおり、東大に通っている学生を家庭教師においており、様々な形で指導するとともに、実体験を基にして、受験勉強や準備期間の生活をサポートしてくれます。

中学受験の支援を行っている家庭教師の多くは、中学受験に挑戦したことがあるそうで、受験勉強の最中の苦労なども、一通り経験したことがあるといいます。そうした経験者の話を聞くことが出来るということもあり、なれない受験勉強でストレスが溜まりがちな子どものケアも、比較的スムーズに進めることが出来ますし、より負担のかからない勉強法も提案してくれるかもしれません。

実体験があるという点は、保護者の面談のときにも役立ちます。保護者も始めての中学受験だと、ついついナーバスになってしまい、必要以上に子どもに負担をかけてしまっていることも多いので、そうした兆候が見えたら、保護者と一緒に話をする機会を設けて、自分が受験を受けたときはどうしたかなど、一番生徒にとって良い環境がどんなものかレクチャーしてくれることもあります。