独自の勉強法

中学受験のサポートとして、家庭教師は非常に役立ってくれます。自宅で勉強できるので、変に集中を乱されることなく、落ち着いて勉強することが出来ますし、個人では難しい過去問を使用した授業など、着実に実力を重ねるための環境を整備してくれます。さらに家庭教師によっては、現役東大生が担当していることもあり、現在持っている技術を使ってより成長できるように支援するとともに、独自の勉強法を使ったサポートも行っています。

家庭教師の授業は、基本的にははじめから用意されていたテキストなどを使用して、様々な試験問題に対応できるように、時間をかけて指導していきますが、家庭教師の中には、自分の経験を元に、もっと効率良く授業内容を頭に入れることが出来るような勉強法を伝えることもあります。その方法は講師ごとに異なり、生徒によっては相性の悪い教え方につながることもあるので、本格的にその指導法に切り替えるかどうかは、その場で判断することもあります。

独自の勉強法があるかどうかは、家庭教師によって異なります。そもそもそういった方法もなしで、正攻法で東大生になったという方もいれば、感覚で身に付けていったというタイプもいるので、中にはあまり参考にならない方もいるかもしれません。ですが、受験に合格したという例が近くにいると、モチベーションの維持にも良い影響を与えてくれます。