どこを利用するか

中学校は義務教育なので、誰でも自由に入学することが出来ますが、私立の中学校の場合は、学力試験などを通過しない限りは入学することが出来ます。その分学校全体の環境は大きく優れているといわれているので、子どもの学校生活をよりよいものにしたいという方は、子どもにもそのことを教えて、積極的に受験勉強に取り組んでもらえるよう、家庭教師で勉強を支援しましょう。

家庭教師にもいろいろな種類があり、東大生を中心に集めて、より効率良く成績を上げる環境を作ったところや、プロの家庭教師による指導を積極的に行ったところもあるので、子どもの相性なども考慮して、どこを利用するか決めましょう。小学生のうちなら、比較的年齢の近い、大学生を中心とした家庭教師のほうが、うまくコミュニケーションが取れるかも知れません。

家庭教師を利用する際は、とにかく実際に会って話を聞いてみるのが一番です。どの家庭教師も一度も責任者と話をせずに契約を進めることは出来ますが、大抵は時間をかけてどのような形で指導していくかなど、詳しい情報を聞くことが出来るので、少しでも子どもに合う家庭教師に勉強を教えてもらうためにも、家庭教師の情報はなるべく多く紹介してもらいましょう。