子どもの相性

中学生へ進学する際、少しでも良い環境で子どもに勉強してもらいたいときは、中学受験を受けさせ、合格させなければなりません。自分たちで勉強を教えるだけで合格できれば良いのですが、難易度の高い受験に合格するためには、長い時間をかけて知識を身に付けなければなりません。そのために役立つのが家庭教師などの専門家の指導で、過去問題を使って開放を学ぶなど、自分では出来ないことも、家庭教師のサポートを使うことで、簡単に行えるようになるので、積極的に利用しましょう。

中学受験の際に家庭教師を利用する際は、何より子どもとの相性に気を配るようにしましょう。保護者と相性が良かったとしても、子どもとの相性が悪いと、授業中の子どもは良い気分をしないまま、受験が終わるまで一緒に行動しなければならなくなるので、下手をすると精神的なダメージが強くなってしまうかも知れません。少なくとも進学では不利になるので、子どもとの相性には注意が必要です。

子どもと家庭教師との相性が合わないときは、子どもとじっくり相談してみましょう。話してみて、よほど相性が悪いと感じたときは、家庭教師の事務所とも話しをしてみて、家庭教師の変更も視野に入れてください。自分の相性よりも子どもの相性が重要なので、常に子どもが快適な環境で勉強できるよう配慮してあげることで、合格にも一歩近づいてくれるでしょう。