不満があればすぐ相談

中学受験の勉強は、長い時間をかけて行う必要があります。初めのうちは試験の形式になれることから始めて、少しずつ問題に対応できるように経験を積んでいくことで、初めて試験に対応できるようになってきます。そのためにはサポートも重要で、家庭教師を利用することにより、試験の過去問題の情報を集めたり、苦手な教科を克服したりと、様々な形で受験勉強を円滑に進めることが出来ます。

家庭教師は、生徒とマンツーマンで指導を行うため、相性がよければ非常に円滑に勉強が進むようになりますが、逆に相性が悪いと、授業に支障をきたすこともあります。そこまでひどい状態になることはまれですが、やはりそりが合わない人と何時間も一緒にいるのは大変なので、子どもの様子が変だったり、成績が伸び悩んできたときは、一度話を聞いてみて、不満を感じる要素があれば、すぐに責任者に相談してみましょう。

家庭教師では、多くの人材を確保しているので、時には人材を変えてもらうことも出来ます。変えるまでは行かなくても、責任者に指導してもらうようお願いすることも出来ますが、そうした指導が入ることで、家庭教師と気まずい関係になることも多いので、結局は担当を代えてもらうことになるかもしれません。